職業によっては
職業によっては、重い荷物を持ったりと、腰に負担がかかりやすい仕事をしている人も多いと思います。
腰は下半身と上半身を支える重要な部位になりますので、
それなりの運度をすることを想定されてつくられています。
ですが、極端に腰に負担を与えるようなことはなるべく控えるようにしましょう。
また、筋肉疲労で腰を支えているところに、知らず知らずのうちに
負担がかかってしまうことも考えられます。
腰に疲労がたまることで、ぎっくり腰になることも考えられますので、
注意が必要です。
腰を酷使する人は日ごろから腰に負担がかからないように気を使うようにするとよいでしょう。

また、仕事で1日中パソコンに座っているといった方も多いと思います。
同じ姿勢でいるため、身体の特定の部分、特に腰に負担がかかりやすくなる傾向があります。
また、腰だけではなく、長時間同じ体勢でいることで、
血行の流れも悪くなってしまいます。

長時間同じ姿勢でいることによる腰への負担は、あまり気がつかないうちにたまっていきます。
ですので、普段からランニングなどの簡単な運動をしたりして、
血行を促すように工夫するとよいでしょう。

自分では大丈夫だと思っていても、意外と身体にとっては負担になっていることがありますので、日ごろからしっかりとケアをする必要があります。
















▲PAGE TOP