睡眠時、布団をしっかりかけて寝ないと
睡眠時、布団をしっかりかけて寝ないと、睡眠の質が浅くなるということがあります。
特に夏では、睡眠中に汗をよくかくため、湿った状態になり、
それが原因で深い睡眠ができないこともあります。

汗で湿った状態で寝ていると、体温が保てないばかりか、
睡眠の質が浅くなることがあります。

ですので、夏場はマットレスも通気性や吸水性がよいものを選ぶ必要があります。
吸水性や通気性がよいマットレスを選ぶことで、
汗をかいたときでも、マットレスが汗を吸い取ってくれるため、
快適に睡眠をすることができます。

汗をかきやすいといった体質の人は、汗が原因で睡眠の質が落ちることがよくあるため、マットレスを選ぶときは通気性と吸水性がよいものを選ぶようにしま しょう。
あと、マットレスなどの寝具の役割としては、睡眠の質を高めるということがあります。
ですが、価格の安いマットレスに多いのですが、睡眠の質を上げることにあまり注目していないマットレスも多くあります。
人によっては、睡眠は横になるだけなので、寝具はどれでもよいという意見もあります。
もちろん、睡眠に何にも問題がなければ、それでもよいのかもしれません。
ですが、活動的な毎日を送りたかったりするのであれば、
寝具にも注目する必要があるでしょう。

最近ではアスリートなどの身体を大事にしなければならない人がよく質の高い寝具を選んでいるようです。
アスリートは毎日体を酷使していますから、
体を休めるための睡眠にも普通の人に比べてよりいっそう気を使う必要があります。




















▲PAGE TOP